五年で株価が10倍以上!モチベーションクラウドの伸び率がすごい「リンクアンドモチベーション(2170)」

スポンサーリンク

こんにちは。今回は最近絶好調のリンクアンドモチベーション(2170)について紹介記事を書いていきたいと思います。 

 

リンクアンドモチベーションは主に三つの領域で事業を行っています

 

  1. 組織開発ディビジョン
  2. 個人開発ディビジョン
  3. マッチングディビジョン

 

後はベンチャー投資なども行っています。 組織に対してのコンサルであったり個人に対しての育成事業や人材紹介などのマッチング事業などHR領域においていろんな事業を行っている会社です。

 

ここ数年で株価が爆発的に伸びており最近絶好調のリンクアンドモチベーションの業績についてみていきたいと思います。

 

順調に増収増益を達成!

f:id:shokondoio:20181005142606p:plain

第2四半期の売上を見てみると約200億ほどあり営業利益は21億と前年度比と比べて増収増益を遂げています。

また営業利益に関しては30%以上成長しており売上の成長率よりも利益の成長率の方がはるかに大きくなっています。

 

ではセグメント別に見ていきましょう

どの事業セグメントも順調に成長

f:id:shokondoio:20181005142729p:plain

セグメント別に見て行くとどの事業も右肩上がりで伸びており個人開発ディビジョンに関しては利益が一番成長しています。

ただ売上総利益の大半は組織開発ディビジョンから創出しています。

 

ただ売上、営業利益は確かに成長していますがなぜここまで株価を伸ばせた理由は同社がローンチしたSaaSサービス「モチベーションクラウド」の急成長が要因となっています。

 

基本的にSaaSサービスは一度導入されるとよほどのことがない限り解約はされなくなっており安定的に収益を創出することができます。なおかつソフトウェアのコストは基本的にサーバー費用だけなので高収益な事業になります。

 

モチベーションクラウドとは?

f:id:shokondoio:20181005142914p:plain

モチベーションクラウドとは従業員のエンゲージメント数値化し組織の改善の PDCA を回すことができるクラウドサービスです。

同社はあらゆる会社の従業員エンゲージメントのデータを持っており他社と比較したエンゲージメント偏差値みたいなのを出すことができ組織を改善するにあたっての PDCA が回しやすいようなプロダクトを提供しております。

f:id:shokondoio:20181005145201p:plain

実際の売上を見てみると昨年と比べてものすごい勢いで伸びており月会費の売上は約3倍ほどになっており現在で1億ほど月間で売り上げております。

12月の着地は1.3億円を見込んでおりこのペースで行くと来年はモチベーションクラウドだけで売上20億ほど行ってもおかしくありません。

ここまで順調に立ち上がってるSaaSサービスはそんなにないでしょう。2020年には約40億円ほどの年間売上を見込んでおりこのままの成長率を維持することができるならば全然可能だと思います。

サーバーコストしか全然かからないモデルになるので原価率はおそらく10%ほどだと思います。なのでこのままうまくいくと 膨大な営業利益を継続的に創出できるような事業が完成します。なのでここまで株価が急激に上がっているのだと思います。

名のある企業が導入

f:id:shokondoio:20181005145504p:plain

実際に導入企業はメルカリやサイバーエージェントなどの巨大なインターネット企業だけでなく NTT コミュニケーションズや JCB など大手企業にも使ってもらえています。ここまで大きな企業が使ってるということはかなり価値のあるプロダクトを提供しているのだと思います。

 

ここまで急激に伸びている事業を作っているだけでなく他にもいろんな事業を行っており全ての事業が伸びているのはすごいと思います。

 

またベンチャー投資事業に関してもラクスル やビズリーチなどすでに上場しているまたは高確率で今後上場しそうな会社にも投資を行っておりポートフォリオの方も充実しています。

 

まとめ

f:id:shokondoio:20181005145814p:plain

株価の方を見てみるとここ5年で10倍ほどになっており市場からの期待も多く寄せられています。HRの会社は現在どこもうまくいっていますね。今後のモチベーションクラウドの成長率が維持できるのであれば今の時価総額も割に合っていると思います。

 

ただ僕的にはモチベーションクラウド便利なプロダクトでありSmartHRのような”必須”のプロダクトではないと思っております。個人的には”必須”のプロダクトの方がアップセルがしやすくそこからの事業展開も考えやすいため話は変わりますがSmartHRはかなり強いなと思っていますw

 

なので今後のモチベーションクラウドの進捗に注目していきたいと思います。