若者こそ個別株投資すべきな5つの理由

スポンサーリンク

こんにちは。今回は若い人こそ個別株投資をした方がいいんじゃないかと思う理由について書いていきたいと思います。

 

そもそもの投資方針とかもあると思うので、私の想定している読者は銀行に貯金しても意味ないし、株式投資でもして勉強でもしてみようかなっていう人に対して書いてます。

 

今回は株式投資で積立投資やフ投資ファンドにお金を入れるのではなくて私は若者こそ個別株に投資した方が良いと思っています。

 

お金が増える

 

まず一つ目に個別株の方がもしかするとお金が増える可能性があります。

なぜかと言うと例えばリンクアンドモチベーションなどを見てみるとここ3年で時価総額が5倍以上になっています。

そのような成長企業にうまく投資できた場合リターンがものすごく大きくなります。

ロボアドバイザーなどに預けているとお金は基本的に増えていきますが、2倍とか3倍とかになるにほ相当時間を要します。

 

ビジネスのインプットができる

 

やはり個別株でお金をかけることによって、人はお金がかかってると少なからずいつもよりそのことについて気にするようになります。

なので私も個別株を投資するときはその会社がやっている全ての事業や今までの成長、ビジネスモデルなどくまなく調べます。

またその業界がどれぐらい今まで伸びてきて今後も継続的に伸びるかどうかを調べて投資を実行するのでインプットした情報を効率的にアウトプットすることができます。

 

損失が少なく失敗できる

 

基本的に多くの若い人たちはそこまでお金を持っていないと思います。お金を持っていると別ですが例えば100万円ぐらいを投資して株価がめちゃくちゃ下がって50%ほど下がっても50万円程度の損でしかありません。

お金を持った時に投資を始めて失敗するリスクよりお金がない時に投資を始めて早めに少ない額でどんどん失敗していた方が今後お金を持った時の投資に役立つことができます。

 

特に日本で行くと年収がどんどん上がっていくと所得税が上がっていくので高い年収だけで大金持ちになるのはかなり難しいです。なのでそこで貯めたお金を投資に回すことによって投資のキャピタルゲインは20%ほどなので投資で増やす方が圧倒的に効率がいいです。

 

加えて情報発信すると信用力やお金も入るかもしれない

 

僕はなぜ株式投資についてブログにて情報発信をしているのかで行くと、自分のアウトプットだけではなく、自分の信用力を構築することができ、ここに広告を配置することによって収益をまた稼ぐことができるかもしれません。

なので投資だけではなくその投資の経験を発信することによって副次的な効果も得られることができます。

 

情報に敏感になる

 

株式投資をすることによって日本の経済の動向やその投資している企業の業界の動向やまた新しい成長性のある企業を探すために常に情報に敏感にならなければいけません。なので株式投資をすることによってお金が増えるかもしれないというインセンティブが働いているのでそういった情報に今まで以上に敏感になりもっと経済や企業のことを勉強することができます。

 

まとめ

 

僕もオンラインゲームで仮想的に株式投資をするみたいなことをやっていたのですが、実際のお金をかけないと自分ごとにならないため実際に少額ですがお金をかけて投資をすることにしました。またそこまで大きな額をかけていないので失敗してもその貴重な失敗を学ぶことができれば将来的にはその失敗を取り返すことができると思っています。また株式投資をすることによってもっとビジネスについての情報感度が敏感になったので効率的にインプットできるようになったと思っています。

 

レバレッジをかけてデイトレーディングするみたいな株式投資手法については僕は分からないので何とも言えませんが、ちゃんと財務諸表を見て長期的にお金を投資すれば短期的に下がることはあれど長期的に見ればそこまで損失を被ることはないと思っているので興味ある方は是非チャレンジをしてみてはいかがでしょうか。