昨年度比の営業利益2.5倍!!爆速で成長している「セレス(3696)」の事業分析

スポンサーリンク

こんにちは。今回はセレスという会社について紹介していきたいと思います。

 

セレスは主に二つの事業領域でサービスを展開しています。

 

モバイルサービス事業

フィナンシャルサービス事業

 

では各それぞれの事業領域のサービスから解説記事を書いていきたいと思います。

 

モバイルサービス事業

f:id:shokondoio:20180911193055p:plain

 

モバイルサービス事業では主に二つのサービスを行っています。

  1. 広告を閲覧または申し込みするとポイントがもらえるメディア「ポイントメディア事業」
  2. アルバイト求人サイト「モッピーバイト」やコミックサイト「チケコミ」、スマホゲーム比較サイトの「LookApp」などの複数の「コンテンツメディア」を展開しています

 

ポイントメディアのビジネスモデルとは?

 

f:id:shokondoio:20180911193012p:plain

 

上記がポイントメディアのビジネスモデルの解説となっております。当社のポイントメディアを通して広告主からは広告掲載をしてもらい掲載料を受け取っています。

 

ユーザーに対してはメディアを通して掲載情報を提供し、ユーザー側は広告の閲覧または応募、申し込みなどのアクションを行うことによってポイントメディアからポイントを受け取ることができます。

 

同社から受け取ったポイントを通して現金化したりギフト券として使ったり電子マネーとして使ったりすることができます。

 

こういったポイントメディアでポイントを貯めてLINEスタンプを買ったりする人は皆さんの周りの方でも数人はいるのではないでしょうか。

 

営業利益は昨年度比で約2.5倍

 

f:id:shokondoio:20180911193304p:plain

こちらが同社の売上高営業利益になりますが、売り上げは43億、営業利益は6.5億と前年度と比べてものすごい勢いで伸びています。

また営業利益に関してはコインチェックの売却益が利益貢献していることを抜きにして考えてもモバイルサービスの売上、営業利益成長はすごい勢いで伸びてきています。

 

今後の成長戦略

f:id:shokondoio:20180911194837p:plain

 

今後の成長戦略としては第二の収益の柱としてコンテンツメディアを伸ばしていくのと、現在ポテンシャルしかない仮想通貨領域において 取引所やマイニングサービスを展開し伸ばしていくことです。

 

f:id:shokondoio:20180911194912p:plain

 

既存事業で利益を出しながらもコンテンツメディアに積極的な投資を行っておりコンテンツメディアは前年度比と比べて売上高16倍になっております。  M & A などもしながら既存事業の成長だけで満足することなく将来の成長に繋げた 施策をガンガン行っているかつコンテンツメディアは事業モデルとしてて硬いので一度収益が出始めると、安定的に収益を生み出す事業になると思います。

 

ポテンシャルしかないブロックチェーン領域に全張り

f:id:shokondoio:20180911195028p:plain

 

今後仮想通貨領域も含めてブロックチェーン領域にはポテンシャルしかないと考えております。ただ私もどの領域が一番伸びるかは全く想像つかないのですが、 子会社や投資を含めて基本的にある領域を全て張っています。

 

マイニングや取引所だけでなくウォレットや送金サービスなどにも手を出しています。

 

この成長率なのに株価は意外と割安!?

f:id:shokondoio:20180911195124p:plain

セレスの株価を見てみるとここ1年で大幅な成長を遂げているのにもかかわらず、株価は全く成長しておりません。時価総額は約190億ほどになっており、 PERは18倍と他のインターネットサービスやフィンテック領域のサービスと比べて低い水準だと思います。

 

また自己資産比率は60%を超えており現金も約30億ほど持っています。なので財務的にも全然問題はありません。

 

まとめ

セレスは既存のポイントメディア事業だけではなく今後の成長に積極的に投資しており、事業に対しての教師だけでなく他のスタートアップへの投資やM&A資本業務提携などいろんな施策を積極的に行っています

間違いなく今後フィンテック領域は伸びていくと思うのでこれだけ積極的に投資していればどこかはうまくいくと思うため、セレスは今後爆発的に伸びる要素のある企業です。