ビジネスのインプットとして「Stockclip」はマジで最強。

スポンサーリンク

今回は企業分析を簡単に解説してくれているサービス「Stockclip」を紹介したいと思います。

 

私はビジネスサイドの人なら絶対にStockclipは課金したほうがいいと思っています。何故かというと単純で記事の質がマジで高いからです。

 

私は今までかなり多くのサービスを有料課金して試してきましたがStockclipはそれらと比較しても私の中では1番コスパの良い有料課金サービスだと思っています。

 

今まで有料課金してきたまたは現在もしているサービスでいくとニュースピックス、オンラインサロン、クランチベース、note、など私も数多くの有料課金サービスを惜しまず課金してきましたが、ニュースピックスはなぜか面白くなくなってきたため課金を止めました。

 

オンラインサロンはFacebookでの運用が基本になるため実際の投稿やコメントは見づらくまた私がバンコクに滞在しているためオフ会などに参加できないなどの理由があり全部退会しました。

 

クランチベースはかなり良いサービスだと思うのですが月3000円も使うことではないかなと思い課金をやめました。ノートは良い記事だと今でもたびたび課金しています。

 

本は今でも買っていますが、基本的に私がインプットとして使っているサービスで有料課金しているサービスは今はStockclipだけです。

 

「Stockclip」とは?

 

Stockclip(ストッククリップ)は、日米1万社近くもの上場企業に特化した情報サービスです。書いたノートは企業ごとに整理され、他の人のノートを見たり、自分で調べたことをまとめたりすることができるサービスです

 

なぜStockclipがいいかに関しては以下の3つの理由があります。

 

1点目: 単純に全ての記事の質が高い

 

2点目: 中国や米国の上場企業の分析までカバーしている

 

3点目: 注目企業の決算発表後の記事化の即時性

 

1点目: 単純に全ての記事の質が高い

 

Stockclip上での企業分析は単なるビジネス分析だけではなく、キャッシュフローやコスト構造まで綿密に考察を書いていただけるためかなり深いところまで企業の事業を理解することができます。

 

2点目: 中国や米国の上場企業の分析までカバーしている

 

Stockclipでは日本企業だけでなく米国や中国の会社までもカバーしており米国や中国の会社の決算資料は基本的に英語のため自分で調べるとかなりの労力を使うのですがストッククリップを使用すると代わりに全て日本語で解説してもらってるためそういった時間のコストを削減することができます。

 

また海外企業の決算分析でもビジネスの概要を詳細まで説明してくれており、日本の起業の考察記事と比べてもクオリティは全く変わりません。

 

3点目: 注目企業の決算発表後の記事化の即時性

 

また it 業界の注目企業例えばサイバーエージェントや、スタートトゥデイなど皆さんが注目してるような会社の決算が発表された後にすぐに決算分析を記事化してくれるため、ほとんどリアルタイムで情報を収集することができます。

 

まとめ

 

今までいろんなサービスを有料課金してきましたが基本的な企業分析に関する課金サービスはかなり初心者向けに書かれている記事も多く自分でも簡単にキャッチアップできる情報が多々ありました。

 

Stockclipでは中国や米国の企業など自分で調べるとなると1社あたりですが数十時間を要しかねない内容を簡単にまとめてくれるかつ月間で50記事ほどアップしてくれるので、自分の時給が1000円だと換算しても当社のサービスは2時間の価値以上は確実にあると思っております。

 

私は別にStockclipの回し者でもないのですが本当に良いサービスだと思っているので紹介させていただきましたww